コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みなみのさんかく座 みなみのさんかくざTriangulum Australe

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みなみのさんかく座
みなみのさんかくざ / 南三角座

ケンタウルス座の南東寄りにある小星座。夏の宵、沖縄方面でその北半分が水平線上に姿を現すだけで、事実上、日本からは見えない南半球の星座に数えられている。ドイツの天文学者J・バイヤーJohann Bayer(1572―1625)の著した全天星図『ウラノメトリア』(1603)のなかに星座として登場しているが、設定者は16世紀のオランダの航海家ケイザーPieter Dirkszoon KeyserやホウトマンFrederick de Houtmanらとされている。明るい3個の星が描く正三角形はよく目だつ。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android