コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三角座 サンカクザ

デジタル大辞泉の解説

さんかく‐ざ【三角座】

北天の小星座。アンドロメダ座の南東にあり、小さな三角形をつくる。12月中旬の午後8時ごろ南中し、天頂近くに見える。学名〈ラテン〉Triangulum

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんかくざ【三角座】

12月中旬の宵に、ほぼ日本の天頂を通過する小星座。アンドロメダ座の南東に、細長い二等辺三角形を形づくって見える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三角座の関連キーワードみなみのさんかく座さんかく座土壌分析体育座り埴壌土状態図ローム埴土土性壌土

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三角座の関連情報