コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むむ ムム

デジタル大辞泉の解説

む‐む

[感]
物事に気づいたり納得したりしたとき、また感心したときに発する語。「むむ、なるほど」
口をふさいでふくみ笑いをするときの声。
「ただ―とうち笑ひていと口重げなるも」〈末摘花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むむ

( 感 )
感心したり驚いたり言葉につまったときなどに発する語。 「 -、これは何だ」
含み笑いの声を表す語。ふふ。うふふ。 「ただ-とうち笑ひて/源氏 末摘花
相手の言葉に同意するときに発する語。そうかそうか。うんうん。 「 -そなたは終ついに見ぬか/浄瑠璃・生玉心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

むむの関連キーワード美ら結シンカ ムムヌチハンター世界の神話にみる万象の起源ワレカラ(割殻)般若心経/漢訳文日本神話の神々高皇産霊尊日本神話少彦名神生玉心中県犬養氏八木忠栄ルガー岩久延毘古さします斯うと生魂神ずからしたり整合性大畑

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

むむの関連情報