もっさり

精選版 日本国語大辞典「もっさり」の解説

もっさり

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
世情にうとく気がきかないさま、あか抜けしないさま、見ばえがしないさまなどを表わす語。〔詞葉新雅(1792)〕
※売卜先生安楽伝授(1796)下「御客が上手にはめなさる。女郎がもっさり踏かぶる」
② ぼうっとしていて気がきかないさまを表わす語。「もっさりとつっ立っている」
※弟(1973)〈古井由吉〉「ベッドの真中のほうへもっさり這い出て来て」
③ 毛がふかぶかと生えているさまを表わす語。
※苦笑風呂(1948)〈古川緑波〉映画漫談「モッサリした束子のやうなヒゲをつけてゐる時は」
④ こんもりと盛りあがっているさまを表わす語。
※父━その死(1949)〈幸田文〉菅野の記「刈っておいた青草をもっさりと載せる」
[2] 〘形動〙 (一)①に同じ。
※穴さがし心の内そと(1863‐65頃)初「こんな野方(モッサリ)半衿をくれたが」
[3] やぼな人。いなか者。
※売卜先生安楽伝授(1796)下「ここな田舎(モッサリ)殿

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「もっさり」の解説

もっさり

[副](スル)
やぼったいさま。あかぬけしていないさま。「もっさり(と)した人」
ぼんやりしていて気のきかないさま。「もっさり(と)つっ立っている」
髪の毛が多いさま。毛深いさま。「もっさり(と)した襟足

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android