世情(読み)せじょう

精選版 日本国語大辞典「世情」の解説

せ‐じょう ‥ジャウ【世情】

〘名〙
世俗の考え。俗人の心。また、俗間のおもむき。せいじょう。
※文華秀麗集(818)中・遊北山寺〈多治比清貞〉「香刹青嵒頂、登攀世情
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉一六「朝変暮改、雲の漂ふが如く、風の来るが如く、唯世情に媚び世論に雷同するの安逸なるを知らざるに非ず」 〔陶潜辛丑歳七月、赴仮還江陵夜行塗口
② 世の中の状態。世間の有様。また、世態と人情。
※四河入海(17C前)三「蒼舒文字をかいて世情の愁を忘るる事は、美酒を飲て忘憂を如くなと云ぞ」 〔羅鄴‐賞春詩〕

せい‐じょう ‥ジャウ【世情】

※新撰字解(1872)〈中村守男〉「世情 セイジャウ ヨノ中ノ人心」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「世情」の解説

【世情】せじよう(じやう)

世のさま。・陶潜〔辛丑の歳七月、赴仮して江陵に還らんとして、夜、塗口を行く〕詩 居三十 塵事と冥(くら)し 詩書、宿好(あつ)うし 林園、世無し

字通「世」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android