束子(読み)たわし

食器・調理器具がわかる辞典「束子」の解説

たわし【束子】

掃除・料理・洗い物などに用いる道具で、しゅろの毛やわらなどをねたもの。特に、やしの実から取れる繊維針金で束ねて短く切りそろえ、棒状にしたものを、曲げて楕円形にととのえたもの。固い繊維で、屋外・水まわり・泥の付いた野菜や運動靴を洗ったり、簡単に落ちない汚れをかき落としたりするのに用いる。近年は、同様の用途に用いる、コイル状にしたステンレスの細い帯やスチールウールを適当な大きさにまとめたもの、ナイロン製のスポンジなどもいう。◇やしの繊維製の楕円形のものは「たわし」ともいう。また、これ以外のものは、「ステンレスたわし」「スチールたわし」「ナイロンたわし」というように素材の名をつけて呼ぶことが多い。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「束子」の解説

たわし たはし【束子】

〘名〙 (歴史的かなづかいは、通常「たはし」とするが、確かな根拠はない。「たわし」とするもある) わらや棕櫚(しゅろ)の毛などを束ねて作り、器物をこすって洗いみがく道具。
※雑俳・柳筥(1783‐86)四「鯨鍋たはしをひとつすてる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android