コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半衿 はんえり

2件 の用語解説(半衿の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

半衿【はんえり】

襦袢(じゅばん)の衿にかぶせる布。着物の衿元の汚れを防ぐとともに装飾用でもある。男ものは黒,ねずみ,紺,茶色の羽二重など,女ものは白か淡色の縮緬(ちりめん)や塩瀬羽二重が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半衿
はんえり

長襦袢(ながじゅばん)、半襦袢の衿に、汚れを防ぐことと装飾を兼ねてかける衿。半衿としてとくにつくられている。幅15センチメートル、丈90~100センチメートル。男物の色は黒、ねずみ、茶系統、藍(あい)で、布地は羽二重(はぶたえ)、黒八丈、琥珀(こはく)織、塩瀬(しおぜ)、絽(ろ)、麻などが用いられる。女物の色は白、ピンク、銀ねずみ色などがあるが、現在は白が一般的に用いられている。布地は塩瀬、羽二重、紋綸子(もんりんず)、縮緬(ちりめん)、夏用には平絽、絽縮緬、壁絽、紗(しゃ)、麻などが用いられる。
 江戸初期においては、小袖(こそで)に掛け衿(共衿)をかけていなかったが、中期にかかるころから小袖に掛け衿をかけるようになり、江戸末期には、これが本衿に対して丈が短いということから半衿ともよばれた。襦袢が武家や町人などの民衆に用いられるようになってから、半衿を襦袢にかけるようになった。明治・大正は、半衿の装飾効果が存分に発揮された時代である。着物の色、柄がじみであったため、半衿に金糸、銀糸または色糸で刺しゅうを施し、ぜいたくなものがつくられた。そしてこの半衿を多く見えるように着装した。しかし第二次世界大戦中、奢侈(しゃし)禁令によって刺しゅうが用いられなくなり、淡色の無地となった。また戦後は、衿元を上方で重ね合わせて着装するようになり、半衿は細く少し見せるようになった。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

半衿の関連キーワード襦袢覆い被せる竹ジュバン長ジュバン肉ジュバン汗ジュバン網ジュバン袷ジュバン薫物の籠肌ジュバン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

半衿の関連情報