やにわに

精選版 日本国語大辞典の解説

やにわ‐に やには‥

〘副〙
① (「やにわ(矢庭)(一)」から転じて) その場で、時間もかけないで一気に事を行なうさまを表わす語。直ちに。たちどころに。
※平家(13C前)四「やにはに八人きりふせ」
② いきなり。突然。だしぬけに。
※咄本・醒睡笑(1628)四「南原にいたち一つはしり出たり。見付けしを幸に、やにはに棒をふりあげ、打殺さんとしけるを」
③ 前後の見境もなく直ちに、または、しゃにむに事を行なうさまを表わす語。
※煤煙(1909)〈森田草平〉五「女の泣声がお絹だと分ったから、矢庭に合の襖を開けて飛び込んだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やにわにの関連情報