コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やれやれ ヤレヤレ

デジタル大辞泉の解説

やれ‐やれ

[感]《「やれ」を重ねていう語》
困難や不安が解決したとき、大きな感動を覚えたときなどに発する語。「やれやれ、これで安心」「やれやれ、たいへんな人もいたものだ」
予期しない困難に出あったとき、疲労・落胆したときなどに発する語。「やれやれ、困ったことになったぞ」「やれやれ、いやになってしまった」
他人の不幸などに同情して発する語。「やれやれ、かわいそうに」
呼びかけるときに発する語。おいおい。
「何かあとから―と呼ぶから」〈咄・鯛の味噌津〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やれやれ

( 感 )
〔「やれ」を重ねた語〕
安心したり深くものに感じた時などに発する語。 「 -、これで一安心」 「 -、大変な人もいるものだ」
疲れた時、落胆した時などに発する語。 「 -、また出直しか」
呼び掛ける語。 「各一度に-千手か、忠光か/浄瑠璃・蟬丸」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のやれやれの言及

【取引所】より

…また,値がつかない状態を,売りの場合〈やり気配〉,買いの場合〈かい気配〉という。 やれやれ買った株が当初の思惑どおりいかず値下がりしてしまい,長い間もったあとその株が上昇し,買値またはそれより多少上の水準で売ること。〈やれやれ売り〉ともいう。…

※「やれやれ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

やれやれの関連キーワードあったぼこしゅもないむくつけしぞぞ髪立つはれやれ落着く文山立御座る間投詞愛しい手の下中中喃喃やれ畳語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やれやれの関連情報