御衣(読み)オオンゾ

デジタル大辞泉の解説

おおん‐ぞ〔おほん‐〕【衣】

着る人を敬って、その衣服をいう語。お召し物。みぞ。
「なよよかなる―に、髪はつやつやとかかりて」〈若紫
夜着(よぎ)。
「―ひきかづきて臥し給へり」〈・葵〉
[補説]中世以降は「おんぞ」になったと思われる。

おん‐ぞ【御衣】

《中古の「おおんぞ」の中世以降の言い方》「おおんぞ」に同じ。
「鈍色(にぶいろ)の―引き掛けさせ給ひて」〈とはずがたり・一〉

ぎょ‐い【御衣】

天皇・貴人などを敬って、その衣服をいう語。お召しもの。

み‐けし【衣】

《「けし」は尊敬語「けす」の連用形から》貴人を敬って、その服をいう語。おめしもの。みぞ。おんぞ。
「筑波嶺の新桑繭(にひぐはまよ)の衣はあれど君が―しあやに着欲しも」〈・三三五〇〉

み‐そ【衣】

《後世「みぞ」とも》貴人を敬って、その衣服をいう語。おんぞ。
「いと寒きに―一つ貸し給へ」〈大和・一六八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんぞ【御衣】

着る人を敬ってその衣服をいう語。お召し物。 「いみじき宝の-の綿のいみじき/宇治拾遺 13

ぎょい【御衣】

天皇や貴人を敬ってその衣服をいう語。お召し物。

みけし【御衣】

貴人の衣服。おめしもの。 「ぬばたまの黒き-を/古事記 」 → けし

みぞ【御衣】

おんぞ(御衣)」に同じ。 「いと寒きに-一つ貸し給へ/大和 168

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おおん‐ぞ おほん‥【御衣】

〘名〙 (「おおん」は接頭語。「おほむぞ」とも表記) 天皇など高貴な人の衣服。お召物。おおみそ。おんぞ。
書紀(720)仁徳四年三月(前田本訓)「是の日より始めて、黼(オホムソ)・絓履(おほむくつ)、幣(や)れ尽(つ)きずは、更に為(つく)らず」
[補注]衣そのものに「御」を冠した「御衣」は仮名書きの確例に乏しく「みそ・おほんぞ・おんぞ」のいずれか決しがたいが、「おほんぞ」であったろうと考えられている。

おん‐ぞ【御衣】

〘名〙 (「おん」は接頭語)
① 着る人を敬って、その衣服をいう語。お召し物。みぞ。ぎょい。おんころも。おおんぞ。
※竹取(9C末‐10C初)「願をかなふることの嬉しさとの給て御そぬぎてかづけ給ふつ」
夜着(よぎ)。宿直物(とのいのもの)
※源氏(1001‐14頃)葵「御ぞひきかづきてふし給へり」

ぎょ‐い【御衣】

〘名〙 天子や貴人などを敬ってその衣服をいう語。お召しもの。
※続日本紀‐天平神護元年(765)一〇月丁亥「到弓削行宮。賜五位已上御衣」 〔李嶠‐春日遊苑喜雨応詔詩〕

み‐けし【御衣】

〘名〙 (「み」は接頭語。「けし」は「着る」を敬っていう動詞「着(け)す」の連用形の名詞化) 貴人の衣服。お召し物。御着物。みそ。おんぞ。
※古事記(712)上・歌謡「ぬばたまの 黒き美祁斯(ミケシ)を ま具に 取り装ひ」

み‐そ【御衣】

〘名〙 (後世「みぞ」とも)
① 衣服を敬っていう語。おめしもの。みけし。おんぞ。おおんぞ。
※書紀(720)仁徳即位前(前田本訓)「時に太子は、布袍(あさのミソ)(き)たまひて檝櫓(かち)を取りて」
斎服
※水戸本丙日本紀私記(1678)景行「明衣(ミソ)
[語誌]→「おおんぞ(御衣)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御衣の関連情報