コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御衣 オオンゾ

デジタル大辞泉の解説

おおん‐ぞ〔おほん‐〕【衣】

着る人を敬って、その衣服をいう語。お召し物。みぞ。
「なよよかなる―に、髪はつやつやとかかりて」〈若紫
夜着(よぎ)。
「―ひきかづきて臥し給へり」〈・葵〉
[補説]中世以降は「おんぞ」になったと思われる。

おん‐ぞ【御衣】

《中古の「おおんぞ」の中世以降の言い方》「おおんぞ」に同じ。
「鈍色(にぶいろ)の―引き掛けさせ給ひて」〈とはずがたり・一〉

ぎょ‐い【御衣】

天皇・貴人などを敬って、その衣服をいう語。お召しもの。

み‐けし【衣】

《「けし」は尊敬語「けす」の連用形から》貴人を敬って、その服をいう語。おめしもの。みぞ。おんぞ。
「筑波嶺の新桑繭(にひぐはまよ)の衣はあれど君が―しあやに着欲しも」〈・三三五〇〉

み‐そ【衣】

《後世「みぞ」とも》貴人を敬って、その衣服をいう語。おんぞ。
「いと寒きに―一つ貸し給へ」〈大和・一六八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんぞ【御衣】

着る人を敬ってその衣服をいう語。お召し物。 「いみじき宝の-の綿のいみじき/宇治拾遺 13

ぎょい【御衣】

天皇や貴人を敬ってその衣服をいう語。お召し物。

みけし【御衣】

貴人の衣服。おめしもの。 「ぬばたまの黒き-を/古事記 」 → けし

みぞ【御衣】

おんぞ(御衣)」に同じ。 「いと寒きに-一つ貸し給へ/大和 168

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御衣の関連キーワード並べてならず掻き撫でる滑す・辷す御衣木加持赤色の袍数多掛けそに鳥の忌む・斎赤引の糸取り出づなよびか取り装ふなよらかなよよか打ち薫る怪しかるぬばたま八十島祭御衣姫薄匂ひ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御衣の関連情報