由良(読み)ゆら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由良
ゆら

京都府北部,宮津市東端,栗田 (くんだ) 湾にのぞむ漁業集落。旧村名。 1956年宮津市に編入。由良川の河口にあたり,かつては由良川水運と海運の継点をなす港町として栄えた。現在は漁業のほか,海岸は海水浴場としてすぐれ,民宿を営む家も多い。

由良
ゆら

兵庫県淡路島,洲本市東端の集落。旧町名。 1955年洲本市に編入。成ヶ島砂州に囲まれた由良港をへだてて友ヶ島水道にのぞむ。かつては渡津城下町として繁栄したが成山にあった城は寛永8 (1631) 年の「由良引け」で三熊山山麓に移転。由良湾は漁港で,ハマチ,真珠の養殖地。成ヶ島の砂州は海水浴場,キャンプ場としてにぎわう景勝地。背後の丘陵斜面はミカンの産地。瀬戸内海国立公園に属する。

由良
ゆら

長良型軽巡洋艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆら【由良】

兵庫県洲本市の地名。淡路島南東端、紀淡海峡に臨む。古来、紀州と阿波を結ぶ要港。
和歌山県日高郡の町。紀伊水道に面する由良湾に臨む。古くから、「由良のみさき」などと和歌に詠まれた。⦅歌枕⦆ 「 -の岬にこの日暮らしつ/万葉集 1220
京都府宮津市の地名。由良川河口に位置し、近世には廻船業が盛ん。 → 由良の湊みなと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由良の関連情報