コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由良 ゆら

5件 の用語解説(由良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由良
ゆら

京都府北部,宮津市東端,栗田 (くんだ) 湾にのぞむ漁業集落。旧村名。 1956年宮津市に編入。由良川の河口にあたり,かつては由良川水運と海運の中継点をなす港町として栄えた。現在は漁業のほか,海岸は海水浴場としてすぐれ,民宿を営む家も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

由良
ゆら

兵庫県淡路島,洲本市東端の集落。旧町名。 1955年洲本市に編入。成ヶ島の砂州に囲まれた由良港をへだてて友ヶ島水道にのぞむ。かつては渡津,城下町として繁栄したが成山にあった城は寛永8 (1631) 年の「由良引け」で三熊山山麓に移転。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

由良
ゆら

長良型軽巡洋艦」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆら【由良】

兵庫県洲本市の地名。淡路島の南東部にあって紀淡海峡に面し、古くからの要港。もと安宅・池田氏の城下町。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆら【由良】

兵庫県洲本市の地名。淡路島南東端、紀淡海峡に臨む。古来、紀州と阿波を結ぶ要港。
和歌山県日高郡の町。紀伊水道に面する由良湾に臨む。古くから、「由良のみさき」などと和歌に詠まれた。⦅歌枕⦆ 「 -の岬にこの日暮らしつ/万葉集 1220
京都府宮津市の地名。由良川河口に位置し、近世には廻船業が盛ん。 → 由良の湊みなと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由良の関連キーワード帰休行軍将棋護衛操典狙撃俵・兵・剽・憑・標・氷・漂・瓢・票・表・評・豹・飄兵卒列立

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

由良の関連情報