由良(読み)ゆら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「由良」の解説

由良
ゆら

兵庫県淡路島,洲本市東端の集落。旧町名。 1955年洲本市に編入成ヶ島砂州に囲まれた由良港をへだてて友ヶ島水道にのぞむ。かつては渡津城下町として繁栄したが成山にあった城は寛永8 (1631) 年の「由良引け」で三熊山山麓に移転。由良漁港で,ハマチ真珠の養殖地。成ヶ島の州は海水浴場,キャンプ場としてにぎわう景勝地背後の丘陵斜面はミカン産地瀬戸内海国立公園に属する。

由良
ゆら

京都府北部,宮津市東端,栗田 (くんだ) 湾にのぞむ漁業集落。旧村名。 1956年宮津市に編入。由良川河口にあたり,かつては由良川水運と海運の中継点をなす港町として栄えた。現在は漁業のほか,海岸は海水浴場としてすぐれ,民宿を営む家も多い。

由良
ゆら

長良型軽巡洋艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「由良」の解説

ゆら【由良】

[一] 和歌山県日高郡の地名紀伊水道の由良湾に面する。もと海部(あま)郡に属し、江戸時代から廻船の寄港する港町として発達
※天正本節用集(1590)「由良 ユラ 紀州」
[二] 兵庫県洲本市の地名。淡路島の南東部にあり、由良瀬戸に面する港町として発達。
[補注]各地に残る「ゆら」(あるいは「ゆり」)という地名は、風が砂をゆり上げてできた地のであるという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「由良」の解説

ゆら【由良】

兵庫県洲本市の地名。淡路島の南東部にあって紀淡海峡に面し、古くからの要港。もと安宅・池田氏の城下町。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android