手玉(読み)タダマ

デジタル大辞泉の解説

た‐だま【手玉】

手くびに巻きつけた装飾用の
「足玉も―もゆらに織る服(はた)を」〈・二〇六五〉

て‐だま【手玉】

女の子のおもちゃの一。おてだま。
曲芸師が用いる小玉。
手首などにつけて飾りとする玉。
(「手球」と書く)ビリヤードで、キューで突く白い球。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てだま【手玉】

曲芸に用いる玉。また、女児が遊戯に用いる玉。品玉。お手玉。
手につける飾りの玉。 「足玉も-もゆらに織る機はたは/古今六帖 5
[句項目] 手玉に取る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手玉の関連情報