よも

精選版 日本国語大辞典「よも」の解説

よも

〙 確定的ではないが、そのようなことはまさかあるまいという予測を表わす語。まさか。よもや。
(イ) (打消推量の助動詞「じ」「まじ」などを伴って) 万が一にも…ないだろう。
※竹取(9C末‐10C初)「あひたたかはんとすかの国のひときはたけき心つかふ人もよもあらじ」
※宇治拾遺(1221頃)七「観音はからはせ給ことなれ、よもむなしくてはやまじと、思ひゐたるほどに」
(ロ) (打消の語を伴わず、反語的に) まさかそのようなことがあろうか、ないであろう。
謡曲蟻通(1430頃)「かくぞと知りて馬上あらば、よもおん命は候ふべき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「よも」の解説

よも

[副](あとに打消しの表現を伴って)実際にはまずありえないであろうと推測するさま。まさか。よもや。
をば―憎み玉わじ」〈鴎外舞姫
僧都は―さやうには据ゑ給はじを」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android