コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よも ヨモ

デジタル大辞泉の解説

よも

[副](あとに打消しの表現を伴って)実際にはまずありえないであろうと推測するさま。まさか。よもや。
「我をば―憎み玉わじ」〈鴎外舞姫
「僧都は―さやうには据ゑ給はじを」〈・若紫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よも

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)まさか。よもや。 「手前ばかりでは-あるまい/怪談牡丹灯籠 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

よもの関連キーワード徳和歌後万載集怪談牡丹灯籠万載狂歌集坂本四方太牧廼屋鬼影平雪庵太白柳操庵朝凪やはり棟梁伊那佐の山えらえらに木の芽張る草分け衣紫由加里文亭梅彦富崎春昇すらだに酒月米人柳原竹光打消し日負け

よもの関連情報