コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

んば んば

大辞林 第三版の解説

んば

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」や形容詞型活用の語の連用形に係助詞「は」が付いた形の撥音便。漢文訓読や武士詞に多く用いられた〕
条件を表す。 「虎穴に入らず-、虎児を得ず」 「望むべく-」 「明日天気がよく-魚をとりて/中華若木詩抄 」 → は(係助)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

んばの関連キーワード大阪府大阪市中央区淡路町徳島県海部郡美波町山河内岐阜県羽島市正木町新井桜川(茨城県水戸市)たんば田園交響ホール御竈の祓・御竃の祓福島県福島市立子山石川県かほく市高松民信無くば立たず望むべくんばらんばちゃん中華若木詩抄久米 宏一がんばくん辛抱強い先買い権後家倒し呈示払い千把扱き御竈の祓

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

んばの関連情報