コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイコナール アイコナールeikonal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイコナール
eikonal

幾何光学において,光学系結像収差の問題を解析的に解くのに使われる重要な関数。語源は「像」を意味するギリシア語のエイコーン。光の場を の形で表わしたときの位相 φ をアイコナールと呼ぶ。一定のアイコナールをもつ面が光の波面である。結像の問題を考えるとき,光が光学系を通る前の物点 r と,通ったあとの像点 r' の間の位相差または光学距離 ( φ と光の波長の積を2πで割ったもの) を,2点の座標の関数として表わした φ(rr') を点アイコナールという。また2点における光線の方向余弦を用いて定義した関数を角アイコナール,座標と方向余弦で表わしたものを混合アイコナールという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アイコナールの関連キーワード幾何光学位相差波面

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android