アイソキネティックトレーニング(英語表記)isokinetic training

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイソキネティックトレーニング
isokinetic training

筋力強化を図るウエイトトレーニングの一種。運動速度を一定に保った条件下で筋肉を収縮させるトレーニング法。特殊な装置を用いて行なうが,反復回数を少なくしたトレーニングでは最大筋力の,反復回数を多くしたトレーニングでは筋持久力の強化が期待できる。これに対し,固定したバーなど動かない物体を押したり引いたりして全力を発揮する静的トレーニングをアイソメトリックトレーニングダンベルバーベルを利用する動的トレーニングをアイソトニックトレーニングという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android