コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイポイント アイポイントeye point

2件 の用語解説(アイポイントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイ‐ポイント(eye point)

目の位置。
アイレリーフ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

アイポイント

 ファインダー接眼部から眼までの距離(通常、mmで表わす)のこと。アイポイントが長いほど、ファインダーから眼を離しても、ファインダー画面の四隅がケラレずに見えるため、眼鏡使用者は知っておきたい数値。一般的にファインダー接眼部からの距離を指すが、ソニーのαデジタル一眼レフカメラのように、「ファインダー最終光学系から何ミリ、ファインダー接眼枠から何ミリ」と2種類の数字を表記している場合もある。キヤノンは最終光学系からを基準としている。なお、アイポイントは目の位置も重要で、中央から少しでもずれると画面の端がケラれて見えなくなる。 参考 → ハイ・アイポイント

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイポイントの関連情報