コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイリッシュウルフハウンド アイリッシュウルフハウンド Irish wolfhound

翻訳|Irish wolfhound

3件 の用語解説(アイリッシュウルフハウンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイリッシュ‐ウルフハウンド(Irish wolfhound)

アイルランド原産の大型犬。性質がおとなしく、威厳があり、主人に忠実なことから、家庭犬としても飼われる。体高は犬の中では最大で、最低が雄で77.5センチ、雌で70センチ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アイリッシュウルフハウンド【Irish wolfhound】

イヌの一品種。アイルランド原産のウルフハウンド。体高75~85センチメートル。剛毛で目の上や顎髯部分の被毛は長い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイリッシュウルフハウンド
あいりっしゅうるふはうんど
Irish wolf hound

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、アイルランド原産の大形獣猟犬である。古くからシカやオオカミ猟に用いられてきたが、オオカミの絶滅に伴い用途を失って、飼育頭数を減じ、質も低下した。しかし残存したものに、ディアハウンドやグレートデン、ボルゾイの血を注入して、ふたたび作出された。本種はグレーハウンド型の大形犬で、硬くて粗いワイヤー状の被毛があり、敏捷(びんしょう)で精悍(せいかん)、威厳にあふれた渋い感じのイヌである。背が高く、最低70センチメートル以上で、大きいものは86.25センチメートルもあった。体高のわりにはスマートで、体重は雄が40.5~54キログラム、雌はやや軽い。吻(ふん)は太くて長く、耳は小さい。尾は細くて低く保持され、先端がわずかにカーブする。毛色は灰色、ファウン、黒、虎(とら)毛、赤などがある。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイリッシュウルフハウンドの関連キーワードアイスランド・シープドッグアイリッシュ・ウルフハウンドアイリッシュ・セターアイリッシュ・テリアアイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セターケリー・ビーグルケリー・ブルー・テリアフィニッシュ・ハウンドポーリッシュ・ハウンドラーチャー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone