最低(読み)サイテイ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
高さ・位置・程度などがいちばんひくいこと。「一日の最低の気温」⇔最高
物事の状態などがもっとも望ましくないこと。きわめて質の劣ること。また、そのさま。「今度の試験は最低だった」「あいつは最低な男だ」⇔最高

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動
最も低いこと。 -気温
程度や位などが最も低いこと。最下級。 彼の作品の中では-のできだ
品性が下劣な・こと(さま)。 あの男は-だ
▽⇔ 最高

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 高さ、程度などが、最も低いこと。いちばん低いこと。また、そのさま。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉五「土木工事に出で若くは他の地方に出稼し得る普通の小作人は、之を最低の小作人に比せば寧ろ幸福なるかな」
② この上なく程度が低く質が悪いさまをいう俗語。話にならない状態。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉鎮魂・モスクワ郊外六十キロ「私は欧州最低の総務課長でしょうね。なにしろ駐在員のケツの面倒まで見ているんだからねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最低の関連情報