最低(読み)サイテイ

デジタル大辞泉の解説

さい‐てい【最低】

[名・形動]
高さ・位置・程度などがいちばんひくいこと。「一日の最低の気温」⇔最高
物事の状態などがもっとも望ましくないこと。きわめて質の劣ること。また、そのさま。「今度の試験は最低だった」「あいつは最低な男だ」⇔最高

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐てい【最低】

〘名〙 (形動)
① 高さ、程度などが、最も低いこと。いちばん低いこと。また、そのさま。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉五「土木工事に出で若くは他の地方に出稼し得る普通の小作人は、之を最低の小作人に比せば寧ろ幸福なるかな」
② この上なく程度が低く質が悪いさまをいう俗語。話にならない状態。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉鎮魂・モスクワ郊外六十キロ「私は欧州最低の総務課長でしょうね。なにしろ駐在員のケツの面倒まで見ているんだからねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android