最低(読み)さいてい

精選版 日本国語大辞典「最低」の解説

さい‐てい【最低】

〘名〙 (形動)
① 高さ、程度などが、も低いこと。いちばん低いこと。また、そのさま。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉五「土木工事に出で若くは他の地方に出稼し得る普通の小作人は、之を最低の小作人に比せば寧ろ幸福なるかな」
② この上なく程度が低く質が悪いさまをいう俗語。話にならない状態。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉鎮魂・モスクワ郊外六十キロ「私は欧州最低の総務課長でしょうね。なにしろ駐在員のケツの面倒まで見ているんだからねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最低」の解説

さい‐てい【最低】

[名・形動]
高さ・位置・程度などがいちばんひくいこと。「一日の最低の気温」⇔最高
物事の状態などがもっとも望ましくないこと。きわめて質の劣ること。また、そのさま。「今度の試験は最低だった」「あいつ最低な男だ」⇔最高
[類語]最悪極悪ワースト劣悪粗悪低劣不可駄目おしまい絶望的不合格失格なってないどうしようもない処置無しはしにも棒にも掛からない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android