コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイリッシュ・ウルフハウンド[種] Irish wolfhound

翻訳|Irish wolfhound

1件 の用語解説(アイリッシュ・ウルフハウンド[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アイリッシュ・ウルフハウンド[種]【Irish wolfhound】

原産地がアイルランドオオカミ猟犬。世界で最も背が高いイヌとして知られ,雄85cm以上,雌75cm以上にもなる。中世ヨーロッパでオオカミや大きなシカ猟に活躍したイヌであるが,家庭犬としても主人の留守に幼児や家族を外敵から守ったという逸話も多い。オオカミ猟が行われなくなってから衰退したが,現在は,偉大でスマートな容姿,温和な性格,剛毛だがグレー,ブリンドル(虎毛色),ファウン(茶色),黒色,白色など美しい毛色をもつので,世界各地で観賞犬,家庭犬として広く愛育されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイリッシュ・ウルフハウンド[種]の関連キーワードアイルランド語アルスター北アイルランドアイリッシュセントピーターアイルランド教会アイリッシュ・ウルフハウンドケリー・ブルー・テリアアイリッシュ・ドラフト (Irish Draught, Irish Draft)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone