アイリーン カーン(英語表記)Irene Zubaida Khan

現代外国人名録2016の解説

アイリーン カーン
Irene Zubaida Khan

職業・肩書
元アムネスティ・インターナショナル事務総長

国籍
バングラデシュ

生年月日
1956年12月24日

出生地
ダッカ

学歴
ハーバード大学ロースクール〔1979年〕卒

受賞
フェリス女学院大学名誉博士号〔2005年〕

経歴
内戦に揺れていた独立前のバングラデシュに生まれる。16歳の時“女性は教育によって自由になれる”と言う母により北アイルランドの高校に送り出された。米国のハーバード大学ロースクール卒業後、1980年国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に就職。2001年8月国際人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルの第7代事務総長に初のアジア系、初のイスラム教徒、初の女性として就任。以後、活動範囲を囚人や難民の権利保護だけでなく、経済権、社会権や文化的権利まで拡大。2004年には女性への暴力に反対する世界的なキャンペーン(SVAWキャンペーン)を展開。2009年まで務めた。ドイツ人の夫との間に1女がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報