コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウグスタ・トレウェロルム(英語表記)Augusta Treverorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウグスタ・トレウェロルム
Augusta Treverorum

北東ガリアの古代ローマの都市。現ドイツのトリールガリア戦争 (前 58~51) 中,ユリウス・カエサルが現地民トレウェリ人を征服したのちに創建され,前 15年アウグスツス帝によって命名された。皇帝クラウディウス1世 (在位 41~54) のときまでに植民市 (コロニア) となった。モーゼル河畔にのぞみ,交通,通商,行政の中心として急速に勃興し,4世紀初めのテトラルキア時代には皇帝の所在地となり,またキリスト教の司教座が設けられ,9世紀には大司教座に昇格した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアウグスタ・トレウェロルムの言及

【トリール】より

…古代ローマの遺跡が多く,また中世にも重要な役割を果たした歴史的観光都市として著名である。 ローマ都市アウグスタ・トレウェロルムAugusta Treverorumは,おそらく前16‐前13年のころ,アウグストゥス帝によってケルト系のトレウェリ族の居住地であったこの地に,ライン戦線ローマ軍団の兵站基地として建設された。モーゼル川河畔に位置し,ケルンやマインツに向かう街道に接するという交通の要地であったために,さまざまの商品の積み換え地として急速な経済的発展をとげ,織物,武器,陶器などの生産地ともなった。…

※「アウグスタ・トレウェロルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android