コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウストラシア Austrasia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウストラシア
Austrasia

メロビング朝時代のフランク王国の一分国。西のネウストリア,南東部のブルグンドと区別するため用いられた用語。現在のフランス北東部およびドイツ西部,中部の地方を含み,その宮宰は,のちのカロリング朝の祖となった。7世紀初め頃に一時他の分国を糾合して統一王国が形成されたが,632年ダゴベルト1世が息子ジゲベルト3世をアウストラシアの分国王に封じて以来,国都をメッツに定め,固有の宮宰をもつにいたった。カロリング家のアウストラシア宮宰ピピン (中ピピン) がネウストリアを 687年に破ったことから,他の分国に対するアウストラシアの覇権が確立し,ピピンの庶子カルル・マルテルはアウストラシア,ネウストリア,ブルグンドの宮宰となった。その子ピピン (小ピピン) はメロビング朝最後の王を廃して,みずから全フランクの王となり,カロリング朝を創始した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアウストラシアの言及

【メロビング朝】より

…相続の方法は前回と同じであるが,4人の相続者のうちカリベルトの死(567)後の3分国が以後定着する同朝の分国図となった。旧ランス分国を主体とする,ゲルマン勢力の強いアウストラシア(東分国,王都メッツ),セナトール(元老院)貴族などのローマ勢力が濃厚に残存する,旧オルレアン分国を核とするブルグント(王都シャロン・シュル・ソーヌ)および両勢力がほぼ伯仲する,旧ソアソンを中心とするネウストリア(西分国,王都パリ)の3分国がそれである。前回では,隣接して置かれた王都が,今回では各分国のほぼ中央部に移動しており,このことは各分国の分立的傾向の深まりを示している。…

※「アウストラシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アウストラシアの関連キーワードトゥール・ポアチエの戦いアルヌルフ[メッツの]ダゴベルト(1世)クロタール(2世)ダゴベルト[1世]カール・マルテルカール・マルテルアントウェルペンジゲベルト1世ジゲベルト2世カール(大帝)ピピン[2世]ダゴベルト2世ヒルペリヒ2世クロタール2世ピピン[1世]カールマルテルブルンヒルデピピン(小)ピピン(大)

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android