アウトプット

精選版 日本国語大辞典「アウトプット」の解説

アウト‐プット

〘名〙 (output)
① ある産業部門が、原材料、労働力などの生産要素を投入してつくりだした財貨やサービス。また、その総量。産出量。⇔インプット
② (電気回路の)出力。特に、コンピュータから情報を印字などの方法で出すこと。⇔インプット

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「アウトプット」の解説

アウトプット

成果物、結果。そのもの自体は完成した書類であったり、契約の成立であったり、会議用の資料であったりと様々。個人の仕事の能力を、その結果の質と量で判断するための尺度。仕事ができる=アウトプットのレベルが高い、優れている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「アウトプット」の解説

アウトプット

出力」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android