コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオウミウシ Hypselodoris festiva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオウミウシ
Hypselodoris festiva

軟体動物門腹足綱ドーリス科。体長 4cm。体は細長く,軟らかくナメクジ状。体表はなめらかで,鮮かな青色地に,背正中線に黄白色の縦帯,その両側に黄色斑列がある。周縁も黄色。触角は鮮かな朱色で約 30の細かいひだがある。は肛門を半円形状に囲んでおり,鰓葉は 12枚内外あっておのおのに朱色の縦帯がある。殻はない。本州陸奥湾以南の潮間帯より浅海の岩礁地にすむ。5~8月に白いリボン状の卵塊を産む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオウミウシ
あおうみうし / 青海牛
[学]Glossodoris festiva

軟体動物門腹足綱ドーリス科のウミウシ。本州から九州にかけて分布し、岩磯(いわいそ)にもっとも普通にみられる。体は細長くナメクジ状で体長約30ミリメートル。体表は滑らかで外套(がいとう)の地色は藍青(らんせい)色、背の中央には黄色縦帯、その両側には黄色の斑列(はんれつ)があって周縁も黄色。触角は朱色で、約30個のひだがある。えらも朱色で半円形に肛門(こうもん)を囲み、鰓葉(さいよう)は12本内外の単葉状である。産卵期は5~8月で、磯に白いリボン状の卵を渦巻状に産み付ける。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアオウミウシの言及

【ウミウシ(海牛)】より

…これを角に見立ててウミウシと名付けられた。 体表はアオウミウシHyselodoris festiva(イラスト)のように青色で滑らかな種もあるが,またミノウミウシAeolidiella takanosimensis(イラスト)のようにみのを着たように背上に多くの突起が並んだ種もあり,ムカデメリベMelibe vexillifera(イラスト)は背上の突起がとくに大きく,ちぎれやすいが再生もする。背上後方の肛門のまわりを羽状のえらが取り囲む種もある。…

※「アオウミウシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオウミウシの関連キーワードウミウシ(海牛)腹足類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android