コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオカナヘビ アオカナヘビTakydromus smaragdinus; green grass lizard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオカナヘビ
Takydromus smaragdinus; green grass lizard

トカゲ目カナヘビ科。全長 15~20cmで,きわめて細長い尾が全長の3分の2以上を占める。背面は緑色で,側面両側に黄白色の条線があるが,地色褐色に変りうる。日本本土のカナヘビに比べて体が細くて弱々しい。畑や草地にすみ,草に登って日光浴をしているのがよく見られる。琉球列島固有種で,吐 噶喇 (とから) 列島の小宝島以南に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアオカナヘビの言及

【カナヘビ】より

…春から夏にかけて1頭の雌が3回ほど産卵し,1回に平均4個ほどを土のくぼみに産む。日本には本種以外に同属のアムールカナヘビT.amurensis(全長約20cm)が対馬(国外ではアムール川周辺から朝鮮半島)に分布し,美しい緑色のアオカナヘビT.smaragdinus(全長20~25cm)(イラスト)が吐噶喇列島の宝島から宮古列島の宮古島までの南西諸島に分布している。サキシマカナヘビApeltonotus dorsalisは全長約30cm,八重山列島の固有種で同属は中国福建省に他の1種が生息するのみ。…

※「アオカナヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオカナヘビの関連キーワードサキシマカナヘビトカゲ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android