コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオヤガラ(英語表記)Fistularia commersonii

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオヤガラ
あおやがら / 青矢柄・青
cornetfish
[学]Fistularia commersonii

硬骨魚綱トゲウオ目ヤガラ科に属する海水魚。北海道南部以南、太平洋、インド洋の熱帯域に広く分布する。体は細長くて縦扁(じゅうへん)し、吻(ふん)は管状。尾びれの2軟条は糸状に伸びる。近縁のアカヤガラとは、目と目の間が平坦で、尾柄(びへい)部の側線鱗(りん)に後ろ向きの棘(とげ)がなく、淡緑色や淡褐色であることで異なる。全長1.5メートルになる。沿岸の岩場やサンゴ礁にすみ、小魚に忍び寄って吸い込むように食べる。肉は淡泊で煮魚、塩焼きなどにするが、味はアカヤガラより劣る。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオヤガラの言及

【ヤガラ(矢柄)】より

…ヨウジウオ目ヤガラ科Fistulariidaeの海産魚の総称で,日本ではアカヤガラFistularia petimba(イラスト)とアオヤガラF.villosaの2種が知られる。いずれもはなはだ細長い棒状の体をもち,その後部にほぼ同形の背びれとしりびれが対置するので〈矢柄〉の名がある。…

※「アオヤガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android