アカオオカミ(読み)あかおおかみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカオオカミ
あかおおかみ / 赤狼
red dogdhole
[学]Cuon alpinus

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。ドール、シベリアヤマイヌともいう。北はロシア連邦のアムール地方、朝鮮半島、アルタイ山脈から、南はインド、スマトラ島、ジャワ島まで分布する。体長80~113センチメートル、肩高40~50センチメートル、体重10~20キログラム。オオカミに似るがむしろリカオンに近縁で、尾が太く長く、耳の先が丸く、下あごの後臼歯(きゅうし)が1対少なく、裂肉歯(上の第4前臼歯と下の第1後臼歯)が鋭い。体毛は赤褐色で、南方産のものでは尾が黒色である。山地の森林に6~8頭、ときに20頭ほどの群れですみ、シカ類、野生のヤギ、ヒツジ類を主食とし、ガウア、クマ、トラをも襲うことがある。繁殖期は不定、妊娠期間は63日前後で、1腹4~6子、ときに11子ほどを産む。寿命は飼育下で15年の記録がある。近ごろ、北アメリカのアメリカアカオオカミCanis rufusの英名red wolfを直訳してアカオオカミとよぶことがあるが、まったく別のものである。[今泉吉典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカオオカミの言及

【オオカミ(狼)】より

…イヌのハスキー,シェパードなどの品種に似た大型のイヌ科イヌ属に属する数種の哺乳類の総称。タイリクオオカミ,ニホンオオカミ,アメリカアカオオカミの3種がある。
【種類】
 タイリクオオカミCanis lupus(イラスト)は,ハイイロオオカミ(英名gray wolf),シンリンオオカミ(英名timber wolf)とも呼ばれ,かつてはヨーロッパ,アジア,北アメリカのほとんど全域とメキシコに広く分布したが,今では西ヨーロッパとアメリカ合衆国の大部分からほとんど姿を消し,イギリス,ポーランド,スイス,北海道などでは絶滅した。…

【ドール】より

…アカオオカミ(英名red dog)とも呼ばれる。食肉目イヌ科の哺乳類。…

※「アカオオカミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android