コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リカオン Lycaon pictus; African hunting dog; cape hunting dog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リカオン
Lycaon pictus; African hunting dog; cape hunting dog

食肉目イヌ科。体長 76~102cm,尾長 31~41cm,体高 60cm,体重 25kg内外。ハイエナに似た体形の動物で,耳は大きく先が丸い。白地に黒,黄褐色,灰色などの不定形斑紋をもち,毛は短くてあらい。肢指は4本。 10~60頭の群れで行動し,集団で狩りをする。性質は大胆で人を恐れず,また大群のときはライオンに立向うこともある。アフリカ分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リカオン【African hunting dog】

食肉目イヌ科の哺乳類(イラスト)。ハイエナに似るが耳介が大きく丸く,肩よりも腰が高く,体に黒色,黄色,白色の不規則な斑がある。サハラ以南のアフリカの大部分に分布。体長76~112cm,尾長30~41cm,肩高61~78cm,体重17~36kg。体は比較的細く,四肢が長い。前足は第1指を欠き4指で,イヌ属(5指)と異なる。あごは幅広く強力で,歯数はイヌ属と同じ42本。臭腺(しゆうせん)が発達し,強い麝香臭を放つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

リカオン【Lycaon】

イヌ科の哺乳類。頭胴長約1メートル、尾長40センチメートルほどで、ハイエナに似る。体毛は短く、黒色・黄土色・灰色が不規則なまだらとなる。草原にすみ、群れをつくってレイヨウなどを捕食する。アルジェリア南部から南アフリカに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

リカオンの関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)ニホンオオカミ(日本狼)リカオン(ギリシア神話)カリスト(ギリシア神話)ブーバンジッダ国立公園ニオコロオカバンゴ・デルタムコマジ国立公園オカバンゴ湿地ルアハ国立公園チョベ国立公園アカオオカミ南アフリカタンザニアレイヨウヘルパーアルカス田尻浩章アレス黄土色

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リカオンの関連情報