コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ山脈 アルタイサンミャク

2件 の用語解説(アルタイ山脈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルタイ‐さんみゃく【アルタイ山脈】

Altay/〈英〉Altai》中国・モンゴル・ロシア連邦にまたがる全長約2000キロメートルの大山脈。最高峰は標高4506メートルのベルーハ山。金・銀などの鉱物資源が豊富。ロシアに属する一部地域が1998年に「アルタイのゴールデンマウンテン」の名称で世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルタイ山脈
あるたいさんみゃく
Altai

モンゴル高原西部を北西から南東方向に走る山脈。モンゴル高原の西部境界であり、ジュンガル盆地の北部境界となっている。北西部は西シベリアの低地に接続する。ロシア連邦モンゴル、中国にまたがり、全長約2000キロメートルロシアアルタイ山脈モンゴル・アルタイ山脈、ゴビ・アルタイ山脈からなる。なお、ロシア連邦に属する一部地域が1998年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。
 ロシア・アルタイ山脈は、その東部において西サヤン山脈、タンヌ・オラ山脈とつながる、アルタイ山脈中もっとも高い部分であり、最高峰はベルーハ山(4506メートル)で、オビ川の支流ビヤ川、カトゥン川、イルティシ川の支流ブフタルマ川などが発する。年降水量は500~1000ミリメートル以上の所が多く、山地ツンドラ、タイガ、森林ステップなどが分布する。地下資源は、金、鉄、水銀、希金属などを産する。住民はトルコ系のカザフ人、アルタイ人、ハカス人で、牧畜、農業を営んでいる。
 モンゴル・アルタイ山脈は、モンゴル西端にあるタバン・ボグド山(4355メートル)からギチゲネ山脈までの部分で、長さ約900キロメートルである。最高峰はモンフハイルハン山(4362メートル)。西部の南斜面は中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区に属する。ロシア・アルタイ山脈とともに4000メートル級の峰が多く、氷河も多い。イルティシ川やホブド川が発する。年降水量は200ミリメートル以上の所が多く、高山帯、森林ステップ、純ステップなどが分布する。地下資源は石炭、鉄、金、鉛、銅、石材類が豊かである。住民は西部にトルコ系のカザフ、ウリヤンハイ、西モンゴル系のトルグート、ザハチン、東部にハルハがいる。いずれも牧畜をおもに営んでいる。
 ゴビ・アルタイ山脈は、バヤンツァガーン山からフルフ山までの部分で、長さ約600キロメートル。前述した二つの山脈より低く、幅は狭く、また断続的である。最高峰はイフ・ボグド山(3957メートル)で、年降水量は100~150ミリメートル以上、砂漠性ステップと砂漠が分布している。住民はハルハで牧畜を営んでいる。
 アルタイ山脈にはもとトルコ系遊牧民が居住し、彼らはこの山をアルトゥン・イシュAltun Yish(金山)と称した。トルコ系の突厥(とっけつ)はここから興って北アジア、中央アジアを支配する国を建て、ウイグルもここを領土の一部にした。のちモンゴル帝国勃興(ぼっこう)時にも、トルコ系のナイマンが居住していた。モンゴル帝国以後、しだいにモンゴル人が居住するようになり、その後曲折を経て、現在のような民族分布となった。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルタイ山脈の関連キーワード阿爾泰花房・英Dickinson,J.(英)Stockton(英)Tory(英)湖水地方(英)ソーホー(英)モナ[島](英)《労働世界》(英)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルタイ山脈の関連情報