コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウア gaur

翻訳|gaur

世界大百科事典 第2版の解説

ガウア【gaur】

偶蹄目ウシ科のもっとも大型の野生のウシ。ガウルともいう。インド,ミャンマーマレーシアの標高2000mまでの丘陵山地の森林,低地の森近くの竹林草原にすむ。体長2.6~3.3m,肩高1.7~2.1m,体重700~1000kg。体色成獣の雄で黒色,雌と若い雄では褐色。四肢の下半分は黄白色。雌雄ともに角をもち,背中の肩の間から中央にかけて筋肉の隆起がある。さまざまな年齢の雄と,子をつれた雌からなる8~20頭の小群をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ガウアの関連キーワードロバート・エドモント ジョーンズケンクラチャン国立公園町田市立国際版画美術館シュテーデル美術研究所ガウア チャムピオンショーンガウアーヤギュウ(野牛)バンクス[諸島]ブルクマイアーE.S.の画家ブルクマイア11月30日ESの版画家アカオオカミブルクマイルバンクス諸島ドイツ美術デューラーウシ(牛)スウォンジ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android