コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウア gaur

翻訳|gaur

世界大百科事典 第2版の解説

ガウア【gaur】

偶蹄目ウシ科のもっとも大型の野生のウシ。ガウルともいう。インド,ミャンマーマレーシアの標高2000mまでの丘陵山地の森林,低地の森近くの竹林草原にすむ。体長2.6~3.3m,肩高1.7~2.1m,体重700~1000kg。体色成獣の雄で黒色,雌と若い雄では褐色。四肢の下半分は黄白色。雌雄ともに角をもち,背中の肩の間から中央にかけて筋肉の隆起がある。さまざまな年齢の雄と,子をつれた雌からなる8~20頭の小群をつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガウアの関連キーワードロバート・エドモント ジョーンズ町田市立国際版画美術館シュテーデル美術研究所ケンクラチャン国立公園ガウア チャムピオンバンクス[諸島]ヤギュウ(野牛)ショーンガウアーE.S.の画家ブルクマイアーアカオオカミブルクマイアESの版画家ブルクマイル11月30日バンクス諸島スウォンジ最後の審判ジョーンズドイツ美術

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android