アギオスニコラオス修道院(読み)アギオスニコラオスシュウドウイン

世界の観光地名がわかる事典の解説

アギオスニコラオスしゅうどういん【アギオスニコラオス修道院】

ギリシア北西部、テッサリア地方の北端、カランバカ(Kalambaka)郊外の奇岩の山中にある、ギリシア正教修道院メテオラ(Meteora)の、現存する6つの修道院のうちの一つ。カランバカは、首都アテネから列車で4時間半ほどの場所にある(交通の便はよくない)。カランバカからメテオラに行くルートで最初に現れる修道院である。峻険な尖塔のような岩山に張り付くように建っている。14世紀に聖ディオニシオスにより創建されたと伝えられている(ギリシア政府観光局によれば創建は1510年以前)。クレタ島出身の画家テオファネスが描いた美しいフレスコ画(1527年)がある。なお、メテオラは世界遺産(複合遺産)となっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android