コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチノセン石(アクチノ閃石) アクチノせんせきactinolite

世界大百科事典 第2版の解説

アクチノせんせき【アクチノセン石(アクチノ閃石) actinolite】

アクチノ角セン石,緑セン石あるいは陽起石ともいう。カルシウム角セン石の一つで,化学組成はCa2(Mg,Fe2+)55Si8O22(OH)2で表される鉱物。ふつうMg/(Mg+Fe2+)の比が0.5~0.89のものをアクチノセン石,0~0.49のものを鉄アクチノセン石ferroactinolite,0.9~1.0のものを透セン石と呼ぶ。MgとFeは任意に混ざり合う。Mg,Fe2+やSiを置き換えてAlを少量含むことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android