コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクバル・ナーマ Akbar Nāmah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクバル・ナーマ
Akbar Nāmah

ムガル帝国第3代皇帝アクバルの時代に,その重臣アブル・ファズルによって書かれた書物。「アクバルの書」の意。その前半 (第1,2部) はバーブルのムガル帝国創建から 1595年頃までの帝国の歴史が,宮廷を中心に書かれている。後半にあたる第3部は『アーイーネ・アクバリー (アクバルの鏡) 』 Ā'ini Akbarīと呼ばれ,別個の書物としても扱われるが,アクバル治世下の諸政策,特に地税制度,地方行政制度などの内政に関する事項や慣習などをまとめた百科事典的書物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アクバル・ナーマの関連キーワードアブール・ファズルアクバル会典

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android