コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクラネース(英語表記)Akranes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクラネース
Akranes

アイスランドの南西岸,ファクス湾中の岬の先端にある町。首都レイキャビークの北北西約 20kmに位置する。首都との間に連絡船が運航している。町には同国最大のセメント工場があり,貝殻から年産 10万tを産する。他に魚加工場,市場がある。人口 5239 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アクラネース(Akranes)

アイスランド西部の港町。漁業とセメント工業が盛ん。1998年、フバルフィヨルズル湾を通る全長約5.8キロメートルの海底トンネルが開通し、首都レイキャビクまでの道のりが大幅に短縮された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクラネース
あくらねーす
Akranes

アイスランドの町。首都レイキャビークの北、ファクサ湾を挟んで対岸20キロメートルの位置にあり、漁業とセメント工業が行われる。人口5431(2000)。セメントは、海底に豊富にある貝殻を吸い上げて砂を除き火山性粘土と混ぜてキルンで焼成する。年産13万トン。いくつかの種類があり、国内に自給。地名は「畑のある岬」の意。[浅井辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android