連絡船(読み)れんらくせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「連絡船」の解説

連絡船
れんらくせん

水域で隔てられた陸と陸を結び、旅客の輸送、貨物や車両などの運搬に従事する舶。河川や水道の比較的狭い水域を運航する渡し船から、内海、外洋に面した水道や海峡、隣接国との海峡など比較的長い航程の海洋を航行する耐航性の高い大型の海峡連絡船、旅客や貨物を積載した列車をそのまま運ぶ鉄道連絡船などがある。自動車交通の発達に伴って旅客と自動車を運搬するフェリーボートが普及し、多くの航路に就航するようになった。従来の連絡船もこれに含めて、フェリーボートと総称される。

岩井 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「連絡船」の解説

れんらく‐せん【連絡船】

〘名〙 海峡や湾・などの両岸の陸上交通を連絡する船舶。
※児を盗む話(1914)〈志賀直哉〉「多度津通ひの連絡船が汽笛をならしながら帰って来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android