コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アク・ベシム アク・ベシムAk-Beshim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アク・ベシム
Ak-Beshim

キルギストクマクの南西 8kmにある都城址。0.35km2の方形の城郭に,さらに 0.6km2の城壁をめぐらした区域が接している。ソビエト連邦時代にソ連の考古学調査団によってその一部が調査され,キリスト教教会(8世紀)や仏教寺院(7世紀末~8世紀初)が発掘されたほか,ソグド語の銘文をもつチュルギシュ(突騎施)の貨幣が多数発見された。発掘の結果,この都城址は 5世紀頃ソグド人によって建てられ,以後 10世紀にいたるまで繁栄していたことが判明した。イスラム地理書にみえるスーイ・アーブ(唐代の文献では砕葉城,素葉水城)の跡とされる。2014年世界遺産の文化遺産に登録された。(→シルクロード

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アク・ベシムの関連キーワードスイアブ安西四鎮

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アク・ベシムの関連情報