コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグリコン aglycone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグリコン
aglycone

配糖体を加水分解すると得られる糖質以外の部分。アルコール性またはフェノール性化合物が多い。天然配糖体のアグリコンには毒性の強い化合物もある。アグリコンがステロイド,トリテルペノイドのときは特にゲニンということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アグリコンの関連キーワードコニフェリルアルコールテルペングリコシドアントシアニジングリチルリチングルコシダーゼグルクロニドヘスペリジンインドキシルフラボノイドウワベイン強心配糖体シアニジンアリザリンソラニジンダイゼインアグルコントマチジンソラニンダイジンベタニン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android