コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサヒラン(旭蘭) アサヒランEleorchis japonica (A.Gray) F.Maekawa

世界大百科事典 第2版の解説

アサヒラン【アサヒラン(旭蘭) Eleorchis japonica (A.Gray) F.Maekawa】

亜高山帯から冷温帯の湿原に生える小型のラン科植物(イラスト)。紅紫色の花色よりアサヒランの名がある。別名の沢蘭(さわらん)は湿原生であることによる。葉は冬に枯れ,偽球茎で越冬する。偽球茎は直径約6mm,ミズゴケ中に半ば埋まる。偽球茎の基部より1花茎と1葉を出す。葉は直立し,線状披針形,長さ6~15cm,幅4~8mm。花茎は高さ10~30cm,花は紅紫色で,1個まれに2個,6~7月ころ開く。萼片は平開せず,倒披針形,長さ2~2.5cm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android