コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサヒラン(旭蘭) アサヒラン Eleorchis japonica (A.Gray) F.Maekawa

1件 の用語解説(アサヒラン(旭蘭)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アサヒラン【アサヒラン(旭蘭) Eleorchis japonica (A.Gray) F.Maekawa】

亜高山帯から冷温帯の湿原に生える小型のラン科植物(イラスト)。紅紫色の花色よりアサヒランの名がある。別名の沢蘭(さわらん)は湿原生であることによる。葉は冬に枯れ,偽球茎で越冬する。偽球茎は直径約6mm,ミズゴケ中に半ば埋まる。偽球茎の基部より1花茎と1葉を出す。葉は直立し,線状披針形,長さ6~15cm,幅4~8mm。花茎は高さ10~30cm,花は紅紫色で,1個まれに2個,6~7月ころ開く。萼片は平開せず,倒披針形,長さ2~2.5cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アサヒラン(旭蘭)の関連キーワード植物帯森林限界亜高山帯高山帯喘息薬種紅葉唐松冷温帯小一葉蘭狸蘭水菊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone