コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサンソール Asansol

世界大百科事典 第2版の解説

アサンソール【Asansol】

インド,西ベンガル州中部の鉱工業都市。人口26万2000(1991),大都市域人口76万4000(1991)。インド最大の炭田であるダーモーダル炭田地帯にある。工業化の契機は,東郊のラニガンジでの炭鉱の開発(1820)と西郊のクルチでの製鉄所の建設(1869)にある。以後独立までに製鋼,鉄道車両,アルコール飲料などの諸工業が立地し,英領下での数少ない工業都市となった。独立後も自転車,板ガラスアルミニウム工業などが集積している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアサンソールの言及

【ダモーダル[川]】より

…発電所は水力1万4000kWのほか,火力106万1000kWが建設された。アサンソールはダモーダル工業地域の拠点都市で,近郊に鉄鋼・機械工業が立地し,新興工業都市のダモーダルには国営製鉄製鋼所や肥料工場などが集積する。【藤原 健蔵】。…

※「アサンソール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アサンソールの関連キーワードドゥルガプルアサンソルインド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android