コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アストゥルラービー al‐Asṭurlābī

世界大百科事典 第2版の解説

アストゥルラービー【al‐Asṭurlābī】

9世紀前半のアラビア天文学者。生没年不詳。アッバース朝の第7代カリフ,マームーン(在位813‐833)のもとで活躍し,バグダードダマスクスで観測を行った。名前は〈アストロラーブの〉を意味し,天文器具の製作で特に有名であったことを示している。アストロラーブに関する著作が残っており,現存するものではアラビアで最も古いものの一つである。この時代の天文観測の成果は,後のイブン・ユーヌスやビールーニーなどに引用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アストゥルラービーの関連キーワードイブン・ユーヌス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android