コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスベスト問題

1件 の用語解説(アスベスト問題の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アスベスト問題

アスベストは天然に存在する繊維状の鉱物。蛇紋石から成るアモサイト、角閃石から成るクモシドライト、クロシドライトの3つに分類される。耐久性、耐熱性など、数々の長所があることから、日本では建築資材を中心にさまざまな産業で使用されてきた。しかし、吸引すると、中皮種や肺ガンなどの原因になることも1960年代から研究によって指摘され、段階的に法律で使用が規制された。まず、1995年にアモサイトとクモシドライトの使用が禁止され、2004年にクロシドライトも含め、全面使用禁止なった。アスベストによる健康への影響は、30年後になって出るとされ、「静かな時限爆弾」とも言われてきた。近年、アスベストを吸ったことにより、死亡したと見られる事例が次々と発見され、「アスベスト問題」として社会問題になっている。また、規制以前に建てられた、アスベストを大量使用した建築物の解体時の粉塵による、「第2のアスベスト問題」も危惧されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスベスト問題の関連キーワードアスベスト石綿天然資源アスベスト肺天然繊維アスタキサンチン繊維状変晶質組織ステレート球顆状組織天然物 (natural products)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスベスト問題の関連情報