コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時限爆弾 じげんばくだんtime bomb

翻訳|time bomb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時限爆弾
じげんばくだん
time bomb

爆発時間を事前にセットして投下あるいは敷設一定時間 (数分~数日) 後に爆発する爆弾。投下された場合,不発弾として見逃される可能性があり,そのため被害が大きくなることをねらう。敷設にあたっては,事前にひそかに用意できる点に特徴がある。いずれにしても奇襲的効果をもつもので,敵に大きな恐怖を与えるための心理作戦に多く使用される。種類としては,時計仕掛けの物理的装置,薬品が一定時間後に反応を起す化学的装置,遠く離れて爆発を起す電磁波装置,光の変化に合せた光学装置導火線を長くした原始的なものや,震動による爆発をねらうものなど多数ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じげん‐ばくだん【時限爆弾】

一定の時間がたつと爆発するように装置した爆弾。
(比喩的に)潜在的な危険。現在は表面化していないが、将来、甚大な被害を及ぼすと考えられるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

時限爆弾【じげんばくだん】

地面に落下して一定時間経過後に爆発する爆弾。ふつう時計仕掛による時限信管を装着し,中型破片爆弾に適用される。時限は数分から数日で,実効果のほか被爆地一帯の恐怖心をあおる心理的効果をねらう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じげんばくだん【時限爆弾 time bomb】

時限信管をもち,設定した時間(通常数分~数日間)後に爆発する爆弾をいう。大別して航空機投下用と,車両・人員などで運搬し設置するものがある。前者は,不発弾と誤認すれば突然爆発するため,殺傷効果が増大し,誤認しなくとも爆発時間が不明のため一定地域をある時間,使用不可能にできる。後者は,設置者の退避時間を確保し,不意に爆発させ効果を増大させるなどのため,一般に秘密裡に設置される。軍用のほか,テロ破壊活動にも使用されるが,この場合には直接的な破壊効果ではなく,設置を通報し混乱を起こさせることを主目的とすることも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じげんばくだん【時限爆弾】

時限装置により、一定の時間が経過すると爆発するようにした爆弾。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時限爆弾
じげんばくだん
time bomb

起動してから一定時間後に爆発する機構をもつ爆弾。航空機などから投下するもののほか、車両、人員などで運搬して仕掛けるものもあり、軍用のほか、ゲリラ、テロ、破壊活動、犯罪にも使われる。発火(起爆)装置には、時計作動式の信管が使われることが多いが、投下爆弾の遅延信管は衝撃による影響を避けて、樹脂がアセトンに溶ける時間を利用するなど化学法を用い、ごく短時間の遅延には、火薬の燃焼時間を使うこともある。時限爆弾は、爆発の時期を不整にして、復旧や不発弾除去の作業を困難にし、不安と混乱を与えることと、待避時間を得たり、だれが仕掛けたかわからなくすることを目的とする。[青木謙知]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

時限爆弾の関連キーワードアリ・ホセイン ハメネイヒトラー暗殺未遂事件静かなる時限爆弾アイアンロックスマウントバッテンテリー ファンク静かな時限爆弾石綿と健康被害アスベスト問題キングジョー石綿関連疾病ゴーストロンハイジャックテロリズム脳動脈瘤時限装置枚方事件時限信管金 賢姫航空爆弾

時限爆弾の関連情報