アスローン城(読み)アスローンジョウ

デジタル大辞泉の解説

アスローン‐じょう〔‐ジヤウ〕【アスローン城】

Athlone Castle》アイルランド中部の町アスローンにある城。シャノン川に面する。古くから戦略上重要な地域だった同地に、13世紀にノルマン人が建造。高い城壁の堅固な造りで、多くの砲門をもつ。ボイン川の戦いでイングランド‐オランダ連合軍に敗れたジェームズ2世が、1691年にこの城でアイルランド‐フランス連合軍とともに再起を賭けて戦いに臨んだが、激戦の末、撤退を余儀なくされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android