アゼガヤツリ

世界大百科事典 第2版の解説

アゼガヤツリ【Pycreus flavidus (Retz.) T.Koyama(=Cyperus globosus All.)】

水田のあぜや,池沼の縁,河川の岸などの湿った土地に生える,カヤツリグサ科の雑草。全体に細くて硬い一年草で,ひげ根があり,小さな株を作る。茎は高さ20~60cm,幅1mm以下で節はなく,根もとに細い線形の葉が2~3枚あり,8~10月,頂に2~3枚の苞葉と少数個の枝のある花序をつける。小穂赤褐色か紫褐色で,細く,扁平。果実は左右から強く扁平となったレンズ形で,花柱には2個の柱頭がある。地中海地方からオーストラリアまで,ユーラシア大陸と熱帯アジアに広く分布し,日本では北海道を除いた全国の低地や山中の湿地に見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android