コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタラクシア ataraxia

翻訳|ataraxia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタラクシア
ataraxia

エピクロスの主張した知恵の理想。外界からわずらわされない,激しい情熱や欲望から自由な,平静不動の心のさまをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アタラクシア【ataraxia】

〘哲〙 他のものに乱されない、平静な心の状態。エピクロス学派が幸福の必須条件として主張したもので、幸福は快楽にあるが、外的なものにとらわれず欲望を否定した内的な平静こそが最大の快楽であるという。静安。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアタラクシアの言及

【エピクロス】より

…〈われわれの存するかぎり,死は存せず,死が現に存するときは,もはやわれわれは存しないのである〉。 死への恐れ,死後の不安から解放されるならば,それだけでも人間は〈平静不動(アタラクシアataraxia)〉の境地に入ることができるのだが,生きているうちは安んじて快楽を追求すべきである。〈快楽こそは幸福なる生活の始めにして終りなのである〉。…

【快楽主義】より

…この態度は次代のエピクロス学派に続く。エピクロスとその学派は魂の平静(アタラクシアataraxia)を重んじ,健康で質素な共同生活を通して得られる精神的快楽を重んじた。彼の学園ではつねに快活な笑いとくつろいだ喜びが絶えなかったという。…

【ピュロン】より

…移ろいゆく現象を永遠の実在と錯覚することから魂の苦悩が始まる。それゆえ,いっさいの判断を〈留保〉(エポケー)し,魂を何ものにもかき乱されない〈寂滅〉(アタラクシアataraxia)に導くことこそ人生の目的であり,人間の完成であるとした。後世の懐疑派がもっぱら認識論的批判に終始するのに対し,彼は魂の安らぎを求める実践的観点から懐疑を主張したのである。…

※「アタラクシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アタラクシアの関連キーワードフィロン[アテネ]ヘレニズム思想エピクロス学派ヘゲモニコン快楽主義ピュロン快楽

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android