コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生観 じんせいかんview of life; Lebensanschauung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人生観
じんせいかん
view of life; Lebensanschauung

人生の本質意味価値などについての統一的,実践的見解世界観と密接に関連する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じんせい‐かん〔‐クワン〕【人生観】

人生に対する見方人生の目標・意味・価値などについての全体的、統一的な見方で、人生とは何か、人生いかに生きるべきかについて、具体的、実践的な記述指針を含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんせいかん【人生観】

人間の生き方や生きることの意味に関する考え。人生の価値・目的・態度などについての考え。 「 -が変わる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人生観
じんせいかん
view of life英語
Lebensanschauungドイツ語
conception de la humanieフランス語

人生とは何か、あるいは人間はいかに生きるべきか、という問題に対する、意識的あるいは無意識的な総体的見解をいい、しばしば「世界観」と対(つい)をなす用語として使われる。人生観ということばの発生は、明治末年から大正時代(19世紀末~20世紀初頭)にかけてのことであると思われるが、これは個人の自由の自覚の結果である。つまり、各人は、自己の自由と責任とにおいて先の問いに対しておのおのの答え、あるいは見解をもつことが可能であり、またもたなければならないという、人生に対する見方や価値づけの仕方の多様性とそれを選択する個人の自由が前提とされるところに、初めて、人生観という用語が生じてきたのである。
 この結果、過去および現在のさまざまな人生観の自覚的反省ないし検討ということが、当然、人々の意識に上ってくることとなる。このような見方からすれば、人生観には、悲観主義と楽天主義、現実主義と理想主義、経験主義と合理主義、唯物論と唯心論、無神論と有神論といった二元的な対をなすさまざまな類型が考えられるとされ、各人はおのおのの気質と性格、時代と環境とに応じてこのうちから自己に適するものを選び取り、自らの人生観を完成、成熟させ、また、させるべきものであるとされるわけである。
 しかしながら、個人の大幅な自由と完成の可能性を前提とするこのような見解、そしてまた、それと表裏一体といってもよい関係をもつ人生観という用語は、いずれも大正デモクラシーと大正教養主義という背景と密接な関連をもって初めて可能となったものである。このことが、このことばを、その後社会科学的イデオロギー批判や精神分析といった人間の思考の集団的、そしてときに無意識的な決定要因を強調する考えの洗礼を受けた今日のわれわれに、いささか古めかしいものと感じさせるおもな要因になっていると考えられる。とはいえ、このことは、人生観の問題を、単純に時代おくれの、ないしはたかだか私的な関心事にすぎないものとして放置してよいことを意味するものではすこしもない。決定論的要因の網の目が、いかに厚く密なるものであろうとも、なんらかの自発性なしに人間は人間でありえず、また、当の網の目を自覚化する営みそのものが、つまるところは自発性と自由への希求に発するものと考えられるからである。個人的な人生観と、普遍的な哲学や学問の認識との相互検討と歩み寄りが、今後の課題となろう。[坂部 恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人生観の関連キーワードエデス・イレーネ ソーデルグランナスレッディン・ホジャ物語アンリ フォーコニエドリアングレーの肖像オット マンニネンA. グラジーリン建築師スールネス竹沢先生と云ふ人ロングフェローETAホフマンライフスタイルソーデルグラン縮図(文学)アタラクシアあれかこれかクヌーセンセモニデス一円一元説インド哲学国木田独歩

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人生観の関連情報