コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッギェーエ アッギェーエ Agyey, Saccidānand Hīrānand Vātsyāyan

2件 の用語解説(アッギェーエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッギェーエ
アッギェーエ
Agyey, Saccidānand Hīrānand Vātsyāyan

[生]1911.3.7. カスィヤー
[没]1987
インドヒンディー語の詩人,作家。マドラスラホールで学んだ。民族独立運動,テロ活動にかかわり,1930~34年,獄中生活。総合文芸誌『象徴』 Pratīk (1947~50,51~53,73~ ) 刊行と,詩選集『タール・サプタク』 Tār saptak (43,51,58) の編集,刊行で指導的役割を果す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッギェーエ
あっぎぇーえ
Saccidnand Hrnand Agyey
(1911―1987)

インドのヒンディー語の詩人、小説家、編集者。マドラス(現チェンナイ)、ラホールのカレッジで物理学を学び、英文学修士課程在籍中、民族運動、テロ組織に参加して逮捕される(1930)。詩集『タール・サプタク』(1943~1979)と総合文芸誌『象徴』(1947~1974)の編集刊行で、1940年代以降の政治による性急な文学支配に抗する文学運動、論争に指導的役割を果たす。半自伝的小説『シェーカル、ある生涯』(1940~1944)、詩集『中庭のむこうの扉』(1965)、エッセイ集『追悼録』(1982)、全詩集『水は流れて』(1986)など著作が多数ある。[田中敏雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッギェーエの関連キーワードディヤーナダフメイェザルトシュティヤーンスィートキッスアティヤー,M.F.アディヤールウディヤーナサンディヤーディヤーファディヤール・バクルビディヤー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone