コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッサブ Assab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッサブ
Assab

別綴 Aseb。エリトリアの港町。アスマラ南東約 490km,紅海のアッサブ湾にのぞむ。 1882年アフリカ初のイタリア植民地となった。 1952年以降輸出港として発展。アジスアベバハイウェーで結ばれる。製塩,精油所がある。人口3万 9569 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アッサブ【Assab】

エリトリア南東部,紅海に面する港町。人口5万(1992)。聖書に名を残したシバの女王は,南アラビアのサバ王国の女王で,エチオピアに移住した後もサバすなわちシバの名を名のっていたという。アッサブの名はこのサバに由来すると考えられている。現在は,小さいながら近代的な港町で,ここからダナキル砂漠を横断してエチオピアの首都アジス・アベバに至る幹線道路が走っている。【鈴木 秀夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッサブ
あっさぶ
Assab

エリトリア南東部、マッサワと並ぶ紅海沿岸の港町。人口5万(1992)。1960年代初頭に開港。1万トン級の船数隻の収容能力をもち、倉庫5万平方メートル、精油工場もある。エチオピアの首都アディス・アベバからデシエを通りアッサブ港に至る850キロメートルの自動車道路は、重要な経済道路として1950年代末に完備し、貨物自動車やバスの往来が頻繁である。[諏訪兼位]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アッサブの関連キーワードイタリア・エチオピア戦争エチオピア(国)厚沢部町

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android