コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アップクオーク アップクオークup quark

1件 の用語解説(アップクオークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アップ‐クオーク(up quark)

第1世代に属するクオークで、電荷が+2/3のもの。記号はu。6種類あるクオークの中で最も軽い。1964年、M=ゲルマンとG=ツワイクが提唱したクオーク模型において予言され、すでにその存在を示す証拠が見つかっている。クオーク理論によれば、アップクオークダウンクオークとともに核子を構成し、陽子は2個のアップクオークと1個のダウンクオーク中性子は1個のアップクオークと2個のダウンクオークで構成される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone